西島ミライ、V字ハイレグ下着で最新イメージ作をアピール!Eカップ“神の谷間”と股間の食い込みがエロい!

西島ミライ、V字ハイレグ下着で最新イメージ作をアピール!Eカップ“神の谷間”と股間の食い込みがエロい!

 3日、“神間(神の谷間)のブロンズお姉さん”というキャッチフレーズをもつグラドル・(にしじま・みらい/28)が、ハイレグ・ランジェリー姿の画像をInstagramにアップ。これは今月18日リリース予定の最新イメージ作品『愛について』(ギルド)からのもので、バストトップと股間部分をV字型に隠しただけの、レース地の下着の透け感もセクシーな一枚だ。

 コート&ニットの厚着をしつつも、それをはだけてのドスケベな下着披露という、この季節ならではの演出で興奮を誘った西島。昨年末に1年の総括として「肌色多めな一年でした」と、手ブラをはじめとした画像を大量投下したように、普段は褐色肌の露出多めの“ほぼ全裸ショット”投稿が多いだけに、ファンにとっては新鮮な画像になったようだ。

 また、先月26日には、同ランジェリーのみ着用してのバックショットが投稿されたが、こちらは“顔に勝つ”と自評する美しいヒップラインがあらわになっている。昨年10月に発売された「週刊プレイボーイ」(集英社)で発表された恒例企画『美尻番付』で東の小結に、『適乳番付』で西の大関に選出され注目度がアップした西島だが、前後からのショットを投稿することによって美バスト&ヒップを見事にアピールするカタチとなった。

 最新イメージ作への期待も高まるが、美尻を捉えたシーンが多いとのこと。すでに公開されているジャケットにはお尻を突き出した悩殺ポーズが並び、「極上ヒップに悩殺される事間違いなし!!」というコピーが期待を煽る。今回インスタにアップされたものよりさらに布面積が少なく見える透け素材のY字ハイレグやボンデージ風の水着など、過激な衣装も見どころだろう。
 ファンの関心は、刺激的なコスチュームだけでなく演出面にも集まる。前作『ミライ日記』(イーネット・フロンティア)では、車内でスーツを脱いだり、目隠しされた状態で全身を氷責めされ喘いだりと、“エロいお姉さん”ぶりを発揮。しかし同作の発売イベントでは「65点。自分を出し切れなかったので」と厳しく自己採点しており、それだけに最新作では前作以上に濃艶な姿を披露してくれそうだ。

 また同イベントでは、「私も若くはないので、今後は壇蜜さんのようなセクシーなお姉さん系グラドルを目指したい」と目標を語った西島。28歳での映像作品デビューということでネット上では“遅咲き”と紹介されることも少なくないが、29歳でグラビアデビューした壇蜜(37)同様、フェロモンたっぷりの色気を武器にマルチな活躍に期待したい。

西島ミライ、V字ハイレグ下着で最新イメージ作をアピール!Eカップ“神の谷間”と股間の食い込みがエロい!



スポンサーリンク