引き裂かれたパンスト越しの巨尻がエロい!嶋村瞳、むっちりボディ&Mキャラの魅力が凝縮された画像アップ!

 18日、“膝枕したいグラドル”と称する嶋村瞳(しまむら・ひとみ/27)が、27日リリース予定の最新イメージ作品『濡尻』(グラッソ)からの画像を自身のInstagramにアップ。自慢のむっちりボディ&Mキャラの魅力を凝縮した画像でファンの興奮を煽った。

 今回披露された画像は、白いブラジャーに下半身はビリビリに破けたパンストという姿。露出の多い衣装で、スリーサイズ上からB89・W58・H85(cm)というグラマラスボディの魅力を存分に発揮したカタチだ。

 また、薄暗いオフィスで膝を抱えるようにしてデスクの上に横たわるシチュエーションにも注目が集まった。というのも、これまで発表してきたイメージ作品でM気質の強い姿を見せてきたからだ。

 昨年9月に発売した前イメージ作品『瞳と一緒』(スパイスビジュアル)では、エロナースに扮し“自らを診察して自分で自分を責める”という新たなスタイルを披露した嶋村。今回アップした画像もパンストが引き裂かれるシチュエーションであるため、「最新作ではどんな責め方をされるんだ?」とセクシーな衣装だけでなく演出にも関心が寄せられている。

 すでに公開されている『濡尻』のジャケットは、紫色のランジェリーを着用し、お尻を突き出したポージングが目を引くもの。タイトルからもわかるようにヒップラインがクローズアップされた作品になっているが、下半身をメインに撮るのは嶋村にとって今作が初めてとなる。また、これまでの作品では可愛い系が多かった衣装がセクシー路線へと切り替わっているのもポイントだろう。裏ジャケットにはベージュ色のパンツを穿いたお尻をパンストの切れ目越しに覗かせたものや極小ビキニでの女豹ポーズ、純白のミニスカートをめくり上げたものなど誘惑的なショットが満載だ。

それらの画像と共に銘打たれた“むちむちボディのビッグピーチ”というコピー通り、肉感的な巨尻とアダルト路線へのイメチェンにファンの期待は高まるばかり。また、新たなキャラ確立によって活動の幅が広がることも予想される。

かつては巨乳一辺倒の感があったグラビア業界だが、昨今では100cmのヒップを誇る“尻職人”こと倉持由香(25)が『グラドル自画撮り部部長』として活躍していることもあり、ヒップ推しグラドルが一大勢力を形成。その倉持がMCを務めるネット番組『土曜の夜は尻上がり!「ピーチゃんねる」』(AbemaTV)はお尻をフィーチャーしたエロ企画が人気だが、嶋村も今後は魅力的な下半身を武器に活動する機会が増えるのかもしれない。

“松浦ほよよ”名義で歌手・松浦亜弥(31)のモノマネタレントとしても活動する嶋村だが、意欲的に挑んだ最新映像作品をきっかけに、グラビアだけでなくバラエティでも活躍できるか注目したい。

http://www.menscyzo.com/2017/10/post_15118.html

スポンサーリンク